プロ野球セリーグDeNAが投打充実で首位に迫る

広島の独走かと思われた今年のセリーグですが,DeNAが連勝を続け2位阪神に迫る勢いとなっています。
元々打線が強く投手陣次第といった状況でしたが,ドラフト1位の新人,濱口投手が6勝を挙げるなど若手投手が飛躍して投打のバランスが取れてきました。
濱口投手は首都圏の六大学とは無縁な神奈川大学出身で,DeNAスカウト陣の有能さが光るドラフトでしょう。
昨年のエース格だった山口投手がFAで巨人に移籍して,その穴を誰が埋めるのか注目でしたが大活躍の新人が十分すぎる活躍をしています。他にも今永投手や石田投手など若手の先発陣が豊富で中堅の井納投手を含めて先発ローテーションが確立されています。
打線も今までは外国人頼りだったサードに宮崎選手が定着して,5番でリーグ首位打者に立っているなど切れ目がなく長打力もある打線となっています。
走力面では広島に劣りますが,巨人に匹敵する投打の戦力を整えたDeNAが首位争いに絡めるか今後に注目です。