仮の差し押さえという行為というのはさすがに

債権者が将来的に債務名義を得て強制執行を行うことが不能とならないように、裁判所を通じて債権者の権利の実現を保存するための手段のことを民事保全制度というのですが、これには仮り押さえと仮処分があり、仮り押さえに関しては債権者が債務者に対して金銭債権を有する場合において、その金銭債権について強制執行ができなくなるような恐れがある場合に行う手続きであります。仮に押さえるべき対象である財産に応じて、不動産に対して行なったり、動産に対して行なったりということがあります。要する逃げそう、ということもそうですが破産してしまう、というような事があったりしますから、そんなときに裁判所に早く差し押さえて確保したいというときにお願いするわけです。お金があるから返済されるというのは甘い見込みでもありますので逃げられる前に押さえておきたいということがあったりするわけです。それもしっかりと債務に関して実行しないといけないのです。http://xn--eckr1ktbwbo7c1694emx6d.xyz/