遠くから見ると、枝がほのかにピンク色に見える桜の木

一日だとか二日でそれほど変化があるものではありませんが、桜の木の枝にもちょっとずつ変化が見られるようになりました。
まだ目に見えるような蕾はないのですが、遠くから見ると、木の枝全体がほんのりとピンク色に見えるような気がしたんですよね。
もう梅の花が咲いていて、だんだんと気温も暖かくなってきているので、花が咲くまでもうひと踏ん張りといったところでしょうか。
まだまだ朝早い時間には、真冬のような寒さが残っていたりします。
一日の寒暖差が大きく、まだ春本番の暖かさとは言えませんが、いろいろなところから春の雰囲気を感じ取れるようになりました。
桜の木の枝というのは、茶色というよりは、灰色をこげ茶色を混ぜたような褐色のような色合いをしています。
この幹や枝から、薄い桜色の花が咲くというのはなかなか想像しにくいものですが、秋に葉を落としてから一冬かけて栄養を蓄えているのでしょう。
赤いバラのような情熱的な色ではなくても、桜の花びらの色というのは、奥ゆかしさ以外にも、そうした確かなしたたかさを感じさせます。
遠くから見た桜の木の枝は、まるで春のにおいが香り立つような、そんな雰囲気をまとっていました。ミュゼ 100円